記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ソー目立て

夜な夜な目立て。正確な角度に目立てするガイドがない。探してもないから普通に手でやったけど大丈夫かな。...

続きを読む

ロッドホルダー

ツーリング用カヤックで釣りしたくて、ロッドホルダーを塩ビパイプで作製。何かセンスないなぁ・・・。使い勝手はまぁまぁなのでいいっか。センスあるロッドホルダーおせーて。取りつけ釣果はゼロですけど何か⁇釣れなかったこと以上に残念なことが・・・。ウェルカメはいいんやけど、ウミガメが死んで打ち上げられていました。何か寂しい。...

続きを読む

シーカヤック自作⑤

【フィレット】船体を組み立てた内側にエポキシ樹脂にマイクロバルーンを混ぜたパテ材を施工する。ここでの注意点はパテが緩いとダレてくるので、ある程度しっかりしたパテを作る。【グラステープの施工】フィレットを施工した部分に上からエポキシ樹脂でグラステープを施工する。注意点は空気が入らないようにするのだが、意外と難しい。空気はいりまくり。下手くそか‼‼...

続きを読む

シーカヤック自作④

【シアー材の接着】骨組みとなるシアー材をサイドパネルに接着。【サイドパネルの組み立て】針金及び、木材にてサイドパネルの仮止め。ここで重要なのはカヤックの最大幅である。幅58cm:安定性重視幅55cm:安定性と巡航性のバランス重視幅52cm:巡航性重視ここで何を思ったのか、巡航性重視で幅52cmとした。【ボトムパネルの組み立て】左右のボトムパネルを針金で仮止め。仮止めしたシアー材とボトムパネルを重ね合わせて、ボトム...

続きを読む

シーカヤック自作③

パネル作製のため、合板のカットとスカーフまずは船の各部位のカットから。船の横部分(サイドパネル)、船の底部分(ボトムパネル)船首船尾部分(船首船尾パネル)の切り出し。パネルのスカーフ切り出したパネルを接合するために、接合面を斜めにカットします。カット方法は電動サンダーでカットアウト。カットアウトできたら接合。接合面にエポキシ樹脂を流し込み、合板で接合面を上から押さえて仮止め。仮止めを外すと、接合面...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。